ADMIN MENU > | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小池真理子さん 
2007.04.29.Sun / 13:50 
小池真理子さん第二次マイブーム、続いてます。前回は28冊って書いてた記憶があるけれど今、多分、40冊くらい読んだ
ハズレもあるけど(自分的に)これだけ続けて読んでまだ読みたい作家は今までいなかった。小説の中に小池真理子さんと彼女を取り巻く世界、強さを感じる。
小池真理子さん、憧れです

最近読んだ中で特に良かった作品

『虚無のオペラ』
46歳の結子は絵のモデル。結子は8歳下の売れっ子ピアニストと恋に落ちる。不倫はキライだけど小説だから許す(笑)もう若くはないことを知っている結子と魂だけで繋がっている画家の心情表現も上手い。ほろっと泣かされたシーンが何ヶ所もあった。小池真理子さんには魂と肉、精神と肉体をテーマにいつまでも書き続けてほしい。


『ノスタルジア』
こんな古風な女の人、いまどきいないよなぁと思いながら頭の中にちゃんと絵が浮かび上がってくる。そしてその絵はとても素敵なんです。これが読書の愉しみ。展開はネタバレになるので書けないのが残念。


『薔薇いろのメランコリア』
こんな人たちいないよなぁ、バージョンアップ編(笑)でもこれは最近読んだ中で一番好きで一番惹かれた。えっちだからススメないけど(笑)もともと性描写の多い作家だけどこの小説は若い女の子、野乃にエマの交友関係を書かせているせいか、いやらしさはない。ちょっとコミックのNANAっぽい。おもしろかった
スポンサーサイト小池真理子さんへのコメント
   非公開コメント  
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 ママはね、こんなことしてたの All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。