ADMIN MENU > | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ファースト・プライオリティ』 山本文緒 
2006.07.27.Thu / 21:27 
私は普段メガネはかけないし、コンタクトも入れてないが実はかなりの近視だ。なのに何故か、通り過ぎた古本屋さんの店頭に並んでたこの文庫本の作者名は読み取れた。買わないの?と呼び止められた気がして(笑)引き返して購入。

山本文緒さんは以前、キャンディと私のブームだったことがある女流作家。ミーハーな私たちは(一緒にして、ごめ~ん>キャンディ)(笑)サイン会に行ったりもした。まだ直木賞を受賞する前のこと。普通のおばさんだったのはちょっとガッカリだったけど(失礼!)おおらかそうな人の良さそうな方だった。

久しぶりに手にした山本文緒の世界。やっぱり好きですね、この人の作風は。ヒト、特に女性の心理描写が上手い。観察力、洞察力の鋭さは同性ならではか。意地悪なほど上手くて時にドキッとしたり(笑)それを平易な言葉で読みやすく面白く表現できる作家は山本文緒さんが一番ではないかと私は思う。

・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆・゜☆.。.:*・゜☆.。.:

『ファースト・プライオリティ』に登場する主人公は全員31歳の女性。一人一人のこだわりがユニークでおもしろい。
こだわりのある人は好きだ。そんなこだわり捨てちゃえばもっと楽に生きていけるのに、ね。それでもそういうこだわりを捨てられない人達が私はやっぱり好きみたいで、だからこの本の主人公たちがとても愛しい(笑)

以下はこの本の帯からの転記。

「一番大切なのは、何をする時間ですか?今、一番したいことは何ですか?絶対手放せない、私の最優先(ファースト・プライオリティ)なこと。それは、人が見れば笑ってしまうようなこだわり。恋だけでも家庭だけでも、仕事だけでもない。三十一歳、初めて気づく、ゆずれないことの大きさ。そこに、本来の自分を形作るものが見えてくる。はたして人は、大事なものだけで生きられるのか?揺らぎ惑う大人たちを描く、山本文緒の世界。」


この文章書いた人、上手いと思わない?
私は作品読む前にまず、この文章に感動しちゃった(^^

さて、ファースト・プライオリティなモノ、コトはありますか、それは何ですか(^^ 私のファースト・プライオリティなコトはね~
ヒ・ミ・ツ・かなぁ(笑)

なんてね~(^^;
ちょっと泳いでこよっと

スポンサーサイト『ファースト・プライオリティ』 山本文緒へのコメント
--と思ったけど--

目下の最優先は発表会!練習しなくちゃダメじゃん!

練習してきま~すd(^O^)b

- from ようこ -

----

練習がんばって!
ということで『ファースト・プライオリティ』今度貸してね♪

    ~ ミーハーキャンディーより ~

- from キャンディー -

--きゃはは--

一緒にしちゃってごめんねぇ>ミーハー

本は毎日持って歩いてたので
早くもボロボロだけど今度会うとき、持っていきま~す♪

- from 風音(かざね) -

   非公開コメント  
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 ママはね、こんなことしてたの All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。